So-net無料ブログ作成

漫画 「テガミバチ」 現在3巻 [漫画]

テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)

テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 浅田 弘幸
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/01/04
  • メディア: コミック
テガミバチ 2 (ジャンプコミックス)

テガミバチ 2 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 浅田 弘幸
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/06/04
  • メディア: コミック
テガミバチ 3 (ジャンプコミックス)

テガミバチ 3 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 浅田 弘幸
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/02/04
  • メディア: コミック
どういうわけかAmazonに2巻の画像だけ無い。

漫画 「テガミバチ」
浅田弘幸 集英社 ジャンプ・コミックス(¥419 税別)
オススメ度 ★★★★☆

浅田弘幸といえば、「I’ll」のほうが有名なのでしょうか?私は未読なのですが。スミマセン。

以前、「この人の絵キレイ。ちょっと上條淳士に似てる。話はどんな感じ?」と思い、「蓮華」というコミックスを買いました。なかなか面白いと思ったのですが、「蓮華」は1巻が1994年に出たっきり、続きが全く出ない様子。(今となってはどんな話だったかすっかり忘れた)
それから気にはなっていました。でも、I’llは買う気がしなかったけど。どういう訳か。

店頭で「テガミバチ」の1巻を見たとき、絵の美しさに惹かれ、あらあの人だ、と思って購入。
2巻ちゃんと出るかな?というかすかな不安とともに。
出て良かったネ!(自分に。)この先も出て欲しい。

1巻は、とりあえず世界観の紹介と「出会い」がテーマかな。
物語の舞台は、首都にだけ人工の太陽があり、そこから離れるほど暗くなる、という世界。首都を中心としてほぼ同心円状になっている国土、てのも超人工的です。ちょっと、「十二国記」を連想しますね。
人工太陽がある割には前近代的で、人々は徒歩や馬車で移動しています。(何か裏がありそうだよネ。)

「テガミバチ」というのは、郵便配達員のことです。主に徒歩で手紙を届けるのですが、町と町の間には、人の心を感知して襲ってくる、「鎧虫(がいちゅう)」という異形の生物がいるため、戦闘になることがあります。そのため、たいていの配達員は対鎧虫用の武器を携帯しており、戦闘用の相棒を連れて歩いています。

辺境の村で、母親が首都にさらわれた(でもどうにも出来ない)主人公の少年ラグが、配達員のゴーシュと出会い、自分も配達員になって首都に行こう、と心を決めます。この世界では、そのような理由でもない限り、辺境の者が首都に行くことは出来ないようです。ちなみに、母親がさらわれた理由はまだ不明。
数年後(ここであっさり5年経過したことに驚愕。)、配達員の試験を受けるための旅の途中で、ラグは、やがて自分の相棒となる少女と出会います。ニッチと名づけたこの少女、実は、特殊な力を持つ、少数民族の子供です。

2巻の主たる内容は、ラグが郵便配達員になるための試験。ニッチの野生児的行動に、よりいっそう磨きがかかって、可愛い&面白い!ニッチめちゃめちゃ強いし。
それから、1巻でも少し描いてありましたが、ラグの力について、さらに明らかに。鎧虫と戦うには、心の力を特殊な琥珀にチャージして撃ちだす武器を使うのですが、その「効き方」はさまざまで、ラグの力は、他の配達員とは一味違うみたいです。

そして3巻。ラグはついに配達員になります。あこがれのゴーシュに会いたいラグですが、ゴーシュが行方不明で、実は既に解雇されてしまっていることを知ります。とっくにエリートになっていると思っていたのに…。一体なぜ?何があったのか?
ゴーシュの妹と出会い、ゴーシュは妹のためにエリート配達員になろうとしていたけれど、妹自身は、出世よりも兄がそばにいてくれることを望んでいた、という事実を知るのですが。(…って、ゴーシュは企業戦士ですか。)

ストーリーをざっと書いてしまっていますが、この作品、話の筋を知っていても大丈夫だと思うので。多分ドンデン返しはこれから先でしょう。
何よりも、世界観が魅力的。時々挿入されるギャグも魅力。

例えば、ニッチがいかに「相棒」という事にこだわっているかとか、彼女の話す言葉の面白さとか、なかなかパンツをはかない事とか、ニッチのペット?のステーキの、ニッチの慕いようとか(あらニッチのことばかりだわ)。
泣き虫のラグがどんなことに「きちゃう」のか、とか、色々と細かい見所があって、それがまたいちいち美麗な絵柄で描かれていて、飽きさせません。まあまだ3巻だから、かも知れないけれど…。

3巻で番外編的に描かれている話には、思わず涙。かわいい。かわいそう…。子供と動物には弱いのよ。卑怯だわっ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。