So-net無料ブログ作成

漫画 「BAROQUE バロック」 現在2巻 [漫画]


BAROQUE~バロック 1 (1) (シリウスコミックス) (シリウスコミックス)

BAROQUE~バロック 1 (1) (シリウスコミックス) (シリウスコミックス)

  • 作者: 小川 彌生
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/08/11
  • メディア: コミック

BAROQUE~バロック 2 (2) (シリウスコミックス) (シリウスコミックス)

BAROQUE~バロック 2 (2) (シリウスコミックス) (シリウスコミックス)

  • 作者: 小川 彌生
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/11/13
  • メディア: コミック


漫画 「バロック」
小川彌生(やよい) 講談社 シリウスコミックス(各¥560 税込)
オススメ度 ★★★☆☆ (うーん★★★★かなーうーんうーん…。)

2巻を読んだら歌舞伎揚げが食べたくなった! (→食べた!!)

1巻も2巻も、表紙の人物は主人公ではありません。主人公は、もっとずっとじみーーーーな、平凡な、高校生男子です。(1巻は長髪、2巻は短髪ですが同じ人です。)

しかし、この地味男子、どうやら世界を救う鍵、らしい。
過去に天才児だった(今は凡人…)ということも、何か関係がある、らしい…。
ジャンルは「SF」になるのかな。

ある日、お隣に引っ越してきた美少女が、「世界を救うために、私とエッチして(はーと)」みたいなことを主人公に言うんですよねー、平凡な男子としては鼻血ブーの展開ですよねー、でも、何かおかしくないですかー?
というわけで。この美少女、超ワケアリなのです。

(それを知ってしまったら、多分、エッチする気分じゃなくなるよなあ。
 たとえまっとうな理由があったとしても。ねぇ。)

美少女の邪魔、つまり彼女の言う「世界を救うこと」を阻止しようとする者たちも複数登場して、激しいバトルが展開されます。
何故そんな風に邪魔しなければならないのか、そもそも、このままだと世界がどうなるってワケ?など、色々な謎も興味深く、面白いです。
もちろん(?)ギャグも満載。

バトルがカッコイイ。
露出の高い服装で戦うのがイイ。形のいい足がシュッと!これがもう、なんともたまらん感じで、良くて!(オヤジ?)

1巻の帯に、「小川彌生、新境地!」と書かれていますが。それは、作者が「きみはペット」の人だから、なのでしょう。(きみはペットのレビュー)でも、ズッコケ(死語?)シーンといい、バトルシーンといい、キレイなオネーチャンのキレイなカラダの描写といい、すでに「きみはペット」でも描かれていたと思うので、別に「新」ではないのでは、と思いますが。
雑誌「BETH」に連載していた「わたしのせんせい」も、SFでギャグ。似てますよね。

まだ2巻なので、お話としては、「謎」の提示にとどまっている感じ。
主人公も「何これ何これ?」の連続、という感じ。
今はまだ、全体にドタバタしている印象です。
もう少し話が「わかって」きて、主人公の感情が細かく描かれるようになれば、もっと面白さが増すのではないでしょうか。(オススメ度3か4で迷ったのは、「まだ本編に入っていない感」があるから。)
わりとのんびりペースの刊行のようなので、じりじりしますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。