So-net無料ブログ作成

映画 「ミュージアム」 [映画]

ネットフリックスでみました。
これはひどい…。良い意味ではなく。
↓リンクしますが、「買ってね」という意味ではないです。好きな方にはごめんなさい。

映画 「ミュージアム」
原作(漫画):巴亮介 監督:大友啓史
出演:小栗旬、尾野真千子 ほか
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (DVD¥4000くらい)
オススメ度 ★☆☆☆☆

キャストはなかなか素晴らしいです。
でも、お話は、何というか、破綻してます。
原作ではどうなんでしょう?
映画は、お勧めできません。
皆で「なんだこりゃー」とか言いあいながら見ると楽しいかもしれないけど。
って事で、ぎりぎり、星ひとつ。

以下、ネタバレです。
他の(似たような)映画についても書いているので、お気をつけて。


原作の漫画は、冒頭のみ読んだことがあります。
映画の冒頭は多分、原作漫画の通りだったと思います。

その先も原作通りの映画化だったのでしょうか?
だとしたら、「せっかく映画化するなら、変えれば良かったのに」と思います。
漫画だからこそ成り立つお話だと思いました。
映画となると、「これはないだろう」の連続で、正直、ストレスを感じました。

全体に、「セブン(映画)」や「羊たちの沈黙(映画版の)」を意識した作りだと思います。
あと「悪魔のいけにえ(映画)」もリスペクトしていたのかも?

だから、途中まで、「犯人はどうやって…」と、思って見ていました。
多分私は、「なるほどね!」と思いたかったんだね。
答えが欲しかったのさ。

でも突然、色々な事が、超人的な力と、ものすごい財力がないと不可能だとわかる。
偶然の要素も多すぎる。
むしろ「超能力でした!」と言った方が納得できるのではないか。
でも超能力の話じゃないから、何とも納得しかねる感じ。

いっそのこと、彼に同意する協力者がたくさんいて、
実は警察内にも協力者がいました、って事にすれば良かったんじゃあ?
「キュア」と似ちゃうけど、その方がずっと気持ち悪くて、良いんじゃない。
でもそれじゃあ、原作と離れすぎちゃうのかー。

残念でした。

タグ:★☆☆☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。