So-net無料ブログ作成

アンレビュー 「トーマの心臓」二種類 [アンレビュー]

まあ!「トーマの心臓」の小説版が出たんですね。
しかし舞台は日本に変えられているらしい。
うーんでも少女や乙女(『元』も含む)にとっては、「ギムナジウム」と「寮」は全然違うと思う。どうなの?

この間、私より少し若い人と「パタリロ!」の話をしていて、「クックロビン音頭」の元ネタはコレだと言ったら「ふうん」と言われました。そうか知らないよね。(あ、更にその元ネタはマザーグースだ、と書いておかないとね。)
…と書いて、アレ?マザーグースはイギリスだよね?と変に思って調べたら、クックロビンは「ポーの一族」の方でした。あっ。嘘を教えてしまったことが発覚した。

トーマの心臓 (小学館文庫)

トーマの心臓 (小学館文庫)

  • 作者: 萩尾 望都
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1995/08
  • メディア: 文庫

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)

  • 作者: 森博嗣/萩尾望都(原作)
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/07/29
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。