SSブログ
前の10件 | -

映画 「イコライザー2」 [映画]

皆さん、いかがお過ごしですか?
私は毎日うちで過ごしています。「うちで過ごそう」。

Amazonプライムで「イコライザー2」を観ました。
こどもの日なのに殺戮ものって。

リンクは楽天。

映画 「イコライザー2」
監督:アントワーン・フークア 出演:デンゼル・ワシントン 他
(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(DVD¥1000くらい)
オススメ度 ★★★☆☆
(Amazonプライムでは400円の有料視聴でした。)

↓ちょっとだけ書きます。微ネタバレ。

前作の「イコライザー」は2018年に観ました。
私の感想等はこちら
「一見ショボクレオヤジ、実は殺人マシーン」もの。
前作は星4つ。
面白くて、結局ネットフリックスでも観ました。

続編のこちらが星3つなのは、やや悪役の存在感が弱かったかな…と。
その分、主人公のアクションも控えめだったかな…と。
前作と同じ監督さんですが、前作よりも哀愁寄りに作ったのかもしれません。
主人公は相変わらず格好良いけれど、犠牲者(誰とは言わない)が出ると、何か、悲しくなってしまいました。

最後の方、リーアム・ニーソンの「誘拐の掟(2014年)」と似たシチュエーションがありました。
もしかしたらリスペクトかもしれません。
そこで少し救われた気持ちには、なった。
タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 

フィギュアスケート 「羽生結弦の『SEIMEI』」 [その他]

「ISU 四大陸フィギュアスケート選手権2020」
(日本時間2020年2月4日(火)~9日(日)、@韓国)の男子フリーで、
羽生結弦が「SEIMEI」を演じました。

SEIMEIは、2018年の平昌オリンピックでの演目でした。
私も、痛ネイルをやってます↓。
SEIMEIネイルへのリンクはこちら

平昌での衣装は、一部に紫色を使っていましたが、今回は萌黄(黄緑)でしたね。
振付も、変えていたようです。
美しかった。
またネイルをやってみようかな、と思いました。

通常、スケート選手には「エキシビション」を除き、「持ち歌」的な演目はあまりありません。
(荒川静香選手の「レイバック・イナバウアー」のように、持ち技的な要素はあるけれど)
今回のように、シーズン中に他の振付に変えるのは珍しいことです。
SEIMEIは、羽生選手にとって、特別な演目なのかもしれません。

あえて星をつけるなら、
オススメ度 ★★★★☆
かな。

スケート好きの友人とは、
「もう、何なら、羽生選手はずっとSEIMEIでも良いくらい」
と盛り上がりました。
紅白歌合戦のアレのように。
「今年もキター!」的な感じに…。

もしくは「OriginとSEIMEIを交互に演じる」のでも良いですね。
紅白歌合戦のアレとアレのように。
「今年はこれかー!」的な感じに。

(シャレです。
 本物のフィギュアスケート好きな方たち、怒らないでくださいね。)

なお、私は知人から一番好きなスケーターを聞かれ、
「男子シングルはジェイソン・ブラウン」
と答える程度のフィギュア好きです。
トシバレ的には「アイスダンスはトービル&ディーン」です。

そういえば、上記の友人と、高橋と刑事はアイスダンスに移行すべきだと力説し合っていたら、高橋は実現して嬉しい。
nice!(0)  コメント(0) 

テレビ 「久保みねヒャダ こじらせナイト」 [テレビ]


テレビ 「くぼみねヒャダ こじらせナイト」
フジテレビ オススメ度 ★★★☆☆

なんつーか、しばらく観てなかったんです。
久しぶりにお正月の特番を観ました。

例えが長くなりそうなので、続きは↓。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

音楽 V6のこと [音楽]

いまテレビで「2019 FNS歌謡祭 第2夜」を見ていましてね…。
ジャニーズ勢がみんなで「Can do! Can go!」を歌っていましてね…。

この曲は、プレステのゲーム「プロジェクトV6」のテーマソングでしたよね。
ワタクシ一時期V6さんにはまっていまして。
ツーンと懐かしい。

ってゆー。
(モロに憲武氏の影響)

ゲームでは、自分はマネージャー役で。
しかし、どんなに頑張っても、メンバーから「好感をもたれる」止まりの健全さ。
そいえばあのゲームの時、坂本君がスゴイ髪型だったなーよりによって。
とか思い出します。

懐かしいなあ。

あ、おすすめ度(何の?)はカウント外で。

nice!(0)  コメント(0) 

映画 「魍魎の匣」 [映画]

ネットフリックスで観ました。



映画 「もうりょうの はこ」
原作:京極夏彦 監督:原田眞人
出演:堤真一、椎名桔平、阿部寛、宮迫博之、田中麗奈、マギー ほか
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(¥3000くらい)
おススメ度 ★☆☆☆☆

うーん…。
これはずいぶん違う…。
肝心の部分が全然違う気がする。
とても残念だけど、おすすめできない。

以下、ネタバレ。
原作のネタバレも含みます。未読の方はヒキカエセ。

続きを読む


タグ:★☆☆☆☆
nice!(1)  コメント(0) 

映画 「ミュージアム」 [映画]

ネットフリックスでみました。
これはひどい…。良い意味ではなく。
↓リンクしますが、「買ってね」という意味ではないです。好きな方にはごめんなさい。

映画 「ミュージアム」
原作(漫画):巴亮介 監督:大友啓史
出演:小栗旬、尾野真千子 ほか
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (DVD¥4000くらい)
オススメ度 ★☆☆☆☆

キャストはなかなか素晴らしいです。
でも、お話は、何というか、破綻してます。
原作ではどうなんでしょう?
映画は、お勧めできません。
皆で「なんだこりゃー」とか言いあいながら見ると楽しいかもしれないけど。
って事で、ぎりぎり、星ひとつ。

以下、ネタバレです。
他の(似たような)映画についても書いているので、お気をつけて。

続きを読む


タグ:★☆☆☆☆
nice!(0)  コメント(0) 

映画 「何者」 [映画]

ネットフリックスで観ました。

映画 「なにもの」
原作:朝井リョウ 監督:三浦大輔 出演: 佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之 ほか
東宝(株)(DVD¥3600くらい) オススメ度 ★★★☆☆

原作未読です。

私は、どういう訳か永らくこの作品を「ホラー」だと思い込んでおり、
「豪華なメンバーだなー。(観るのは)取っておこう」
などと思っていました。

実は、就職活動の時のいろいろ、のお話でした。
まあ、青春群像でしょうか。

ただ、もっと「熱い」話なのかと思っていました。
もっと「恋愛模様」が強く出てくるのだろうとも思っていました。
どちらも、ちょっと違ったみたい。

私自身は所謂「資格」を取って就職したクチでしたし、
私の就職適齢期には、このような熾烈な「就活」は存在していなかったので、
最近の若い人はカワイソウだな…と思いました。

詳しくはまた今度。
タグ:★★★☆☆
nice!(1)  コメント(0) 

映画 「バード・ボックス」 [映画]

はじめに書いておきます。
この映画には、サンドラブロックが目かくししているシーンがあります。
これに影響を受けて、昨年から海外で、「目隠しで何々する」動画が流行したようです。
すぐに「真似をするな」というコメントが出されました。
絶対に真似してはいけません。危険です。

**********

ネットフリックスで見ました。
Netflixオリジナル。
2018年11月公開の作品のため、まだDVD等はありません。
原作本「Bird Box」も販売ナシ。私も未読です。

映画 「バード・ボックス」
原作:ジョシュ・マラーマン 監督:スサンネ・ビア
出演:サンドラ・ブロック、トレヴァンテ・ローズ、ジョン・マルコヴィッチ ほか
オススメ度 ★★★☆☆

ジャンルとしてはSF、またはパニックもの?
『バード・ボックス』というのは鳥の巣箱の事みたいです。
途中でも出てきますが、ラストで改めて「なるほどね!」と思う仕組み。

以下、超ネタバレ。

続きを読む


タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 

痛くなネイル175 Perfume「Future Pop」ライブネイル [ネイル(非レビュ)]

痛くない痛ネイル。略して「痛くなネイル」。
2018年に行ったPerfumeのライブ、「Future Pop」です。

パフュームは大好きですが、ライブは行ったことがなく、
この時も行くつもりはありませんでした。
ところが、ふと応募した「懸賞でペアチケットが当たった」んです。
びっくり。

このネイルは、ライブに行く時にしていったもの。
コアなファンではないので地味目に。
20190114-1.jpg
左親指は香水の瓶を使用。
もともとネイルには「パフューム」すなわち「香水」のジャンルが
ありますから、シールは結構豊富なんです。
右は何となく「無限未来」イメージのつもり。

ほかの指は「Perfume」の名前そのまま。
20190114-2.jpg
この「アルファベットとお花」の組み合わせのシールは重宝です。
本当はこういう「名前書いちゃう」的なやり方は、
痛くなネイルの流儀ではないんですけれども。

もし「チケット売り切れで行けなかった」という人がいたらごめんなさい。
ライブは、懸賞で当たった人の列が別になっていて、
普通に並んでいる人たちに申し訳ないような、
何となく優越感、みたいな複雑な気持ちでした。
(ただ、会場の座席はそんなに良くなかったです。良かったら申し訳なさすぎる。)

行って良かった。
とっても楽しかったです。

*****↓材料はこちら↓(全てではありません)*****
*****↑材料はこちら↑(全てではありません)*****

興味を持った方、作り方は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

痛くなネイル174 小田さん「アンコール」ライブネイル [ネイル(非レビュ)]

痛くない痛ネイル。略して「痛くなネイル」。
2018年に行った小田和正さんのライブ、「アンコール」です。

親指は、ピアノと音符。
20190102-1.jpg
ピアノのネイルシール、思った以上に良かったです。

そして、ツアータイトルの「アンコール(Encore)」と、
20190102-2.jpg
「K.Oda」。
あえて地味目に。
それでも十分痛いので大丈夫です。フフフ。
最近、力を入れすぎると出来がゴテゴテになり、乾きも遅くなるという反省から、
だいぶ地味に作れるようになってきました。今更か。

いやー、ライブはすごくすごく良かったです。
オフコース時代の曲も結構あって、懐かしかった。
死ぬ前にもう一度、小田さんと鈴木さんのデュオが聴きたいな…。
鈴木さん次第なんだろうか?

↑で使ったシールが売り切れているようなので、
 全く別のシールです。↓すみません。

*****↓材料はこちら↓(全てではありません)*****
*****↑材料はこちら↑(全てではありません)*****

興味を持った方、作り方は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます