So-net無料ブログ作成

小説 「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」 [小説]

おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)

おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: ペーパーバック

あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)

あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/06/21
  • メディア: 文庫

小説 「あんじゅう みしまや へんちょう ひゃくものがたり ことの つづき」
宮部みゆき 角川文庫(¥860 税込) オススメ度 ★★★☆☆

↓ネタバレあります。


「ことのつづき」の「あんじゅう」は、
「ことのはじめ」の「おそろし」の続きです。

読みきり短編集なので、1巻目を読んでいなくても、まあ、大丈夫ですが、
なぜ主人公がこんな反応をするのか?とか、
前回からのつながりが全然わからないままだと、話の深みが分からなくて勿体無いかも。
まず「おそろし」を読んだ方が良いと思います。

今回は、かなり現実から離れたお話です。
「おそろし」でも現実離れしていたんですけど、
何ていうのかなあ、前回は「ちょっと浮いている」だったのが、今回は「飛んじゃってる」みたいな?
この作品は、今市子さんの「百鬼夜行抄」(かなり不思議)にとても良く似ていると思います。
面白かったのですが、私は「ちょっと不思議」くらいが好みです。

収録作品
・逃げ水
・藪から千本
・暗獣
・吼える仏

※ひとくちメモ
「逃げ水」…胸に宿った『ひでり神』と折り合いをつけようとするお話。
「藪から千本」…姑の呪縛から逃れられない一族のお話。筒井康隆の「家族八景」を思い出した。
「暗獣」…これが「あんじゅう」です。悲しい『まっくろくろすけ』のお話。というかむしろ豪胆な夫婦の話?
「吼える仏」…集団心理の怖さ。「TRICK」みたい。

実は私は、タイトルを「あんじょう」だと思っていました。
関西弁の「あんじょう頼みます」的な、何か、ほのぼのしたお話だと思っていました。
よく見ると「あんじゅう」=「暗獣」だった!
2話目は、ゾッとするお話だったので、続く3話目の「あんじゅう」も、怖い話かな?と思って読み始めたら、かわいそうなお話でした。
可愛い≒可哀相。
泣けます。

上記の、4つのお話の他に、聞き手の「おちか」自身に関わる、全体を貫くテーマとしての「おちかの再生(再起?)」も描かれます。
彼女は、ある理由があって、自分の気持ちにわざと気づかないふりをしていますが、ほのかな恋心が感じられました。
おちか、まだ十代だものね。

普通の(?)百物語は、怪談100個。
三島屋の「おちか」が聞き集めるのは、怪談ばかりではなく、不思議な話もありますが、
果たして宮部さんは100まで続けるのかしら?

*****

最後に…これは個人的な好みの問題です。

私は、「なので」をセンテンスの途中で使うのは平気ですが、文頭で使うのに抵抗があります。
文頭で使って良いのは「口語」に限る、と思っています。
(口語でも、自分では使わない。)
要するに、地の文で「○○なので、○○でした。」は良いけど、
「○○でした。なので、○○…」は嫌、という事です。

今回、「あんじゅう」の地の文の文頭に、
「なので」が使われているのに気づいて、とても嫌でした。
何故「だから」を使わなかったのだろうか?

こんな事、ほとんどの人が気にしないのでしょうね。
でも私は気になっちゃうのです。
すみません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。