So-net無料ブログ作成

小説 「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 [小説]

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: 新書

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: 文庫

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川つばさ文庫)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川つばさ文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 単行本

小説 「かのこ ちゃん と まどれーぬ ふじん」
万城目学 角川文庫ほか(¥500 税込)
オススメ度 ★★★☆☆

なぜか三種類も発売されていますが、恐らく、
最初は子供向けの媒体で出て、
次に大人も買いやすいように文庫で出たのではないでしょうか。
三種類目はちょっと分かりません。

↓少しだけ書いてます。少しだけネタバレです。



ローティーン向けかも?
メルヘンです。

主人公は、小学1年生の女の子、「かのこ」ちゃん。
バイタリティがあって、面白い子です。
まあ、大人は「面白い子供だ」と思うワケですが、子供は別に面白いと思わないかも知れませんね。

そしてもう一人の主人公は、猫です。
ひょんな事から老犬「玄三郎」と夫婦となり、彼が飼われている家に居ついて、かのこちゃんから「マドレーヌ」と名づけられた雌猫です。

犬と猫が夫婦だから、「夫人」なワケですね。
そして彼女は、時々ネコマタになります。
…この不思議さは、これまでの万城目氏の作品と通底すると思います。

終盤、まあ、はじめから予想できる流れではあるのですが、
「ああ、やっぱり?」
と…。
犬が好きな人も猫が好きな人も泣いちゃう要素があるので、ちょっとマイナス。
ここは裏切って欲しかったな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。